おうち染めのQ&A

おうち染めのQ&A

 

最初に、一般的な白髪染めについて、ぜひ心得ておきたい基本知識の総復習です。

 

Q:市販品のものは髪が傷むって本当ですか?

A:内容の成分をチェックしてから選ぶべきです。
商品の中には、毛髪へ悪影響を与える過酸化水素水(脱色剤)を含有しているものもあります。
また、キューティクル(髪の毛の表面の薄い細胞)を開く役割を果たしているアルカリ剤も、バサつきなどの原因になることがありますから、
100%を目指して完全に洗うべきです。悪影響の原因となる脱色剤が含まれていないものなどを選ぶべきです。

 

Q:シリコン入りシャンプーは効果が疑問(染まりにくい)という説の真偽は?

A:次善の策としてノンシリコンタイプとすべきです。
シリコンは髪の表面をコーティングしますから、染まりにくくなることもあります。
トリートメント(髪の手入れ、治療)にシリコンを使用しても問題はありませんが、効果が思ったほどでない(染まりにくい)と感じたら、シャンプーだけはノンシリコンに変えるべきです。

 

Q:髪の質と染まりやすさは関係がありますか

A:髪の質だけでなく髪の量によっても差が出てきます。
毛髪の太さや量、損傷の程度によって、染まりやすいか、差が出てきます。毛質が丈夫な人はヘアキャップで髪をカバーして浸透を促進するなどします。
そうすることにより染髪の効果が促進されます。

 

Q:白髪用ヘアカラーと黒髪用ヘアカラーの違いについて

A:この二つ、似ているようで違いがあります。
黒髪用ヘアカラーは、別名おしゃれ染めとも呼ばれ、黒髪や黒髪が明るくなった髪に適した色作りをしています。
ところが、白髪用ヘアカラーは、白髪と黒髪の両方の色の味を組み合わせた色作りです。
そのため、黒髪用ヘアカラーで染髪の効果が現れなかったり(白髪が染まらない)、時には不自然な色になることもあります。

 

Q:白髪染めの効果を少しでも長く保つための方法とは?

A:トリートメントが最善の策です。
白髪染めは、毛髪の最深部まで占領を浸透させることができるかどうかが長時間長持ちできるかどうかのコツです。
また、髪が損傷していると浸透した染料が流れ出しますから、シャンプーの終了後は必ずトリートメントを実行すべきです。
それでも、突然生えてくる白髪には、マーカータイプを利用すべきです。そうすることにより、時間と手間がかからず美しい髪が持続します。

 

 

 

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント 私のイチオシ

  5分で染まる!頭皮も育てるノンジアミン白髪染め「髪萌Wヘアカラーセット」

30日間返金保証あり
通常価格 2,200円+送料
お得な定期便 2,200円→1,760円+送料 2回目から1,980円