かぶれにパッチテスト 利尻昆布・るぷるぷ白髪染め

白髪染めかぶれにパッチテスト

白髪染め(ヘアカラー)の前に

 

白髪が気になるな…
ちょっと色を明るくしたいなぁ…

 

なんていう風に、髪の毛の色を変えることが気軽にできるようになりましたね。
しかし、自宅で気軽に出来る分、注意して欲しい事があります。
ヘアカラーをする時のアレルギー反応です。
軽いものであれば、赤くなったりするだけなのですが、重篤なアレルギー反応を起こしてしまうと、呼吸困難に陥ってしまうこともあります。

 

■ヘアカラーをしてはいけない方■
過去にかぶれたことがある人や、ヘアカラーを使用している時に息苦しさやめまい、気分が悪くなった経験がある人。
⇒その時は軽いアレルギー反応でも、次はより強いアレルギー反応が出る可能性が高いです。使用しないようにしましょう。

 

■ヘアカラーを使用する前に■
パッチテストを行いましょう。
@ヘアカラーを行うごとにパッチテストをすること
A髪の毛を染める前(48時間前)にすること
Bヘアカラーの説明書に書いてあるようにパッチテストをする
C少しでも異常があった場合は、その時点でパッチテストを終了し、ヘアカラーをしないこと

 

ヘアカラーには、アレルギー物質として働く成分が含まれています。人によって全く反応の無い人も居ますが、体調によっても大きく左右されるために、毎回パッチテストが必要になります。
また、風邪をひいているなど、体調が悪いときにはヘアカラーは使用しないようにしましょう。
おしゃれを楽しみたい、若く見せたい気持ちは大切ですが、自分の体の健康が一番ですよ。

 

ヘアカラー【パッチテストの必要性】

 

ドラッグストアやスーパーなどで、自宅で出来るヘアカラーが沢山売られています。価格も1000円程度で購入できることもあり、とても身近なものとなりました。
ヘアカラーをする時に説明書を読むと、
・必ずパッチテストを毎回行うこと
というような内容が必ず書かれています。
なぜ、毎回パッチテストが必要かと言いますと、同じものでも体調の変化によってアレルギー反応を起こす可能性があるからです。
また、女性は妊娠や出産などによって、体質が変わる可能性もあります。前回使用した時は全く反応がなくても、徐々にアレルギー抗体がつくられていることも考えられます。
このような事から、その時の1回でアレルギー反応が出る事があります。ですから、毎回ヘアカラーをするごとにパッチテストが必要になるのです。

 

パッチテストというのは、皮膚のアレルギー試験とも言います。使用する予定のヘアカラーを、上腕の皮膚の薄い内側につけて、かぶれなどのアレルギー反応が無いかをチェックします。これは染める48時間前にします。

 

もし、パッチテストが大丈夫でも、ヘアカラーを使用している時、またはその後にアレルギー反応が出てしまった場合は、すみやかに対処する必要があります。
・しっかりと丁寧に髪の毛や頭皮を洗い流す。(シャンプーは使わない)
・その後、皮膚科を必ず受診すること
皮膚科を受診しますと、ステロイド系のお薬をもらう事が多いです。また、髪の毛が抜けたり、水泡が出来たなどの症状が出てしまった場合は、大きな病院を紹介してもらうと良いでしょう。

 

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント 私のイチオシ

  5分で染まる!頭皮も育てるノンジアミン白髪染め「髪萌Wヘアカラーセット」

30日間返金保証あり
通常価格 2,200円+送料
お得な定期便 2,200円→1,760円+送料 2回目から1,980円